2014年01月17日

産後のママは満身創痍でボロボロ

3187b9b84c7ff8f52414600ce6bddb5a.jpg

Taracoは子供が生まれるまで、育児をなめきってました。
恐れ多くも

「どうせ24時間好きなように使えるんでしょ?
 なんとかなるっしょ。何の勉強しようかな〜」


などとヨユーかましてました。

でもね、子供が生まれてみると、ヨユーのヨの字もない毎日。

・アソコの傷が超痛い
・痴骨がずれたのか寝返りを打つだけで激痛が走る
・抱っこのしすぎで腰痛と両手首の腱鞘炎が勃発
・おっぱい吸われて乳首が切れる
・乳腺炎になりおっぱい吸われるたびに地獄のような激痛
・トイレにも行く時間がなくて膀胱炎に


誰も産後こんなに体がボロボロになるって教えてくれなかったよー
妊娠したら出産がゴールだと思ってた。
本当になめてました。

ボロボロになった体に、以下のような怒涛の育児の毎日。

・授乳間隔は2時間半って誰のこと?
 うちの子は夜中じゅうずっと泣いておっぱい求めてますけど
・忙しすぎて昼ごはんすら食べる時間がない
・授乳とおむつ交換と寝かしつけで毎日が終わる
・家事ができなくて家がどんどん廃墟に近づいてく


もうね、産後2ヶ月はあまり記憶がありません。

毎日が授乳とおむつ交換で終わるんです。
授乳してて寝たー!と思ったら5分で起きて泣くんです。
オットが起きないようにすぐにまた授乳。
それが夜5時間は続くんです。

新生児は笑わないし声も出さない。
疲れきったTaracoも無言。
無言のまま一日が終わったことも。

そんなんじゃいけない、もっと育児を楽しまなきゃ、
産休中にスキルアップしなきゃっていう焦りと
そんなん全然無理そうな自分に自己嫌悪の毎日。

追い討ちをかけたじんましん

だいぶ育児にも慣れてきたと思った3ヶ月目、
ある日いきなりじんましんになりました。

最初はちょっと太ももがかゆいな〜と思ってたんですが
トイレに行くとボコッと盛り上がってる。

そのうち顔がお岩さんみたいに腫れあがってきました。
顔も全身もとにかくかゆくて熱くて、耐えがたいつらさです。
ムスメに授乳しながら、つらくて泣きました。

アレルギー科を受診すると、強い薬を出してもらえました。
授乳中なので夜だけ飲んで、飲んでから朝までは授乳しないで、とのこと。
原因は、ストレスだろうとのことでした。

お母さんは十分がんばってますから、
あまりがんばりすぎないで。
思い詰めちゃだめですよ。


お医者さんにそう優しく言われて、帰り道に泣きました。

そうだ、私はつらかったんだ。

ムスメはかわいくて仕方ないのに、
妊娠してからオットに女として見てもらえなくなった気がして焦ってた。
妻からママになってしまったことが悲しかった。

毎日もっとムスメに笑いかけてあげたいのに、
もっと抱っこしてあげたいのに、面倒だと思ってしまう自分が嫌だった。

今思えば、軽い産後ウツだったのかなと思います。

産後のママたち、焦らないで!

ムスメもようやく朝まで寝てくれる日がちらほら出てきて
Taracoも少しずつ元気になってきました。

体の不調もだいぶよくなりましたよ。
(体重はなぜか戻らないけど・・・そのうち産後ダイエットネタも書きます)

せっかくだからTaracoの経験をママたちにシェアして
お役に立てればなと思っています。

全国のママさん、一緒に子育てとお仕事がんばりましょうね。

ニッセン




+++
ワーママさんに有益なブログがいっぱい♪


スポンサード リンク

posted by Taraco at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ワーママのつぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。