2014年01月29日

超ハイテク高級加湿器 バルミューダ レイン(BALMUDA Rain)使用レポート

こんにちは。Taraco(@Taracomom)です。

以前書いた『次世代超ハイテク高級加湿器 バルミューダ レイン(BALMUDA Rain)を買うべき5つの理由』という記事のアクセスが多かったので、
使用レポートを書いてみます。


バルミューダ レイン(BALMUDA Rain)が届いた!


楽天でポチっとした2日後、バルミューダ レインが届きました。
箱すらもおしゃれです。

DSC01093のコピー.jpg


開けていくと、かなり厳重に梱包されています。

DSC01097.JPG

ようやく顔を出しました。

DSC01098.JPG

組み立てはオットが担当します。

DSC0109s9.jpg

電源スイッチとWifiスイッチは下にありますが、
電源はツボの口でも入れられます。

DSC01100.JPG

これがツボを上から見たところ。表示もわかりやすいです。
ツボの口をくるくる回したり、クリックして操作します。

DSC01101.JPG

ツボの口から給水できるのがこの加湿器の最大の特徴。

DSC01103.JPG

Taracoはいつもオートモードにして、50%の湿度を保つようにしています。

バルミューダ レイン(BALMUDA Rain)のメリットとデメリット

メリット:
メリットは前回の記事の繰り返しになっちゃいますのであっさりと。

1. デザインが美しい!
2. 給水はヤカンで楽チン、しかも大容量で2日くらい持ちます
3. 安全な気化式、しかも超低電力
4. 操作も簡単
5. 空気清浄機としての機能もある


デメリット:
ちょっと使いづらいなぁと思う箇所は以下の通り。

1. 重くて持ち運びしづらい
丸みのあるデザインが美しいんですが、持ち運びしづらいです。
Taracoは寝るときは寝室で、起きているときはリビングに置いているので
持ち運ぶのがめんどうだなぁといつも思っています。

2つ買えばいいんですけどね・・・買えない。

2. オートモードだと加湿されすぎる
オートモードで50%に設定しているんですが、
朝起きると実際の湿度が60%くらいになっていたりします。
たぶん常にファンが回っているからなんでしょうね。

3. 大きいがゆえに夏の置き場所に困る
この子、結構大きいです。
今から夏の保管場所に頭を悩ませています。

箱はとんでもなく大きかったので処分しちゃいました。
おそらくオブジェとしてリビングに置いておきます。
でも、それができるくらい美しいデザインです。


その他、購入前気になってたところ

1. ルンバとの共存
ルンバも障害物と思って突撃していないようです。傷もついていません。

2. 風で室温が上がったり下がったりしないか
出てくる風は冷風ですが、室温が下がるほどではありません。

3. 音はうるさくないか
風量1の時はほぼ無音です。
それ以上になると風の音がします。

購入はこちらから
↓↓↓




+++
ワーママさんに有益なブログがいっぱい♪


スポンサード リンク

posted by Taraco at 08:59 | TrackBack(1) | 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

バルミューダのトースター・K01A-KGの価格を比べてみました
Excerpt: バルミューダのスチームオーブントースター・K01A-KGの価格を比べてみました。 @楽天市場 →バルミューダ K01A-KG(楽天市場) Aアマゾン →バルミューダ K01A-KG(アマゾン) Bヤフ..
Weblog: 人気家電の【最安値】はこちら!ネット通販での価格を徹底比較
Tracked: 2016-12-05 18:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。