2014年03月06日

香港HSBCで口座開設してみた

こんにちは。Taraco(@Taracomom)です。
先日、香港のHSBC(香港上海銀行)で投資用の銀行口座を開設してきました。

HSBCで口座開設するべき3つの理由

logo.gif

なんでわざわざ海外で銀行口座を開くのか?
それには理由があります。

理由その1: 日本の財政が破綻した場合の備え
まぁまずないとは思いますが、日本の財政が破綻して金融封鎖(銀行口座などが凍結され、資産を没収される)があったときに、海外にもまとまったお金があると安心です。

理由その2: 中国などの株購入時の手数料が安い
日本でも中国の株は購入できますが、手数料が高いのが難点。
香港で買っちゃえば安く済むようです。

ただし、証券会社に口座を開き、HSBCの口座から購入金額を引き落とす設定をする必要があります。
Taracoはマネックス証券傘下のBOOM証券に郵送で口座を開くつもりです。

理由その3: 好きなタイミングで外貨を購入できる
HSBCはマルチカレンシー口座のため、世界中の外貨で預金ができます。
最初は日本円で預けておいて、円高になったらドルに替えるなどといったことがオンラインで可能です。

とまぁ3つ並べてみましたが、Taracoは理由その1の「日本の財政が破綻した場合の備え」が一番強い理由です。


HSBC口座開設代行業者や口座開設ツアーには注意!

PPC_1manensatu4mai500.jpg

「HSBC 口座開設」と検索するとたくさんの情報が出てきます。そのほとんどは口座開設代行業者です。
代行と言っても本人がいないと開設できないため、通訳が同行して開設します。

でも、どこの馬の骨ともわからない人に、個人情報やパスワードを知られるのは危険だと思いません?

口座開設ツアーの販促ビデオを見たことがありますが、団体でHSBCの前でキャッシュカードを持って記念写真を撮ってました。

「私たちはお金は持ってるけど危機意識は持ってない日本人でーす。どうぞ狙ってくださいwww」と言ってるようなもの。恥ずかしいしやめてほしいです…


口座開設代行業者の3つのウソ

a0001_000927.jpg

ウソその1:日本人は業者に頼まないと口座開設できない
真っ赤なウソです。実際にTaracoは2014年3月に自力で口座開設してきましたから。

ウソその2:海外旅行時に多額の現金を持たなくて済む
以前のHSBCのキャッシュカードはPLUS/CirrusマークのついたATMであればその国の通貨で現金を引き出せたのですが、現在はキャッシュカードがICチップ入りに変わったと同時に各国のHSBCのATM、もしくはUnionPay(銀聯)のマークのついたATMからしか引き出せなくなったそうです。
正直、中国圏でしか役に立たないと思います。
Taracoは新生銀行と三菱東京UFJ銀行のキャッシュカードにPLUSマークがついていて海外でも引き出せるので問題ありません。(三菱東京UFJは今はPLUSマークがついていないそうです)

ウソその3:オフショア投資で儲かる
HSBC口座開設がらみの業者は、高利回りの海外の保険商品を積立で購入させようとします。
しかし、日本に住む日本人が海外の保険を購入するのは違法です。
絶対におすすめできません。
何百万も積み立てた後にトラブルになっても誰も救済してくれないのです。


HSBC口座開設に必要なもの

HSBCには口座維持手数料がかかる最低残高によって3種類の口座があります。
詳しくは別のエントリで書きますが、フラッと立ち寄って作る分には(あなたが大富豪でない限り)Advance口座を作ることになります。

Advance口座開設に必要なものは以下の4つ。

1.パスポート
2.銀行の英文残高証明書

  額はいくらでも。Taracoは数千円の新生銀行の残高証明書を提出
  新生銀行は発行手数料無料でしたが、2014年3月から有料化されます
3.現金
  Taracoは100万円持参
4.英語または北京語・広東語でのコミュニケーション能力
  なぜわざわざ香港で口座を開設しようと思うのか、
  具体的に年間いくらでどんな投資をしようと考えているのか
  資金はどうやって移動させるつもりなのか、
  などの質問に答える必要があります


次のエントリでは、HSBC口座開設体験談を書こうと思います。

+++
香港はプラグの形が日本と違うので、変換プラグ必須!





+++
ワーママさんに有益なブログがいっぱい♪


スポンサード リンク

posted by Taraco at 10:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。