2014年03月07日

香港HSBCの銀行口座を自力で開設した体験談

前のエントリでも書きましたが、Taraco(@Taracomom)は自力で香港HSBCの口座を開いてきました。

詳しくない方のために書くと、数年前から香港HSBCの口座を開設するのが、ちまたのサラリーマンやプチ富豪たちの間で流行っており、口座開設サポート業者や口座開設ツアーが山ほどあるのです。


HSBCの口座開設はいくらから元が取れるのか?

PPC_1manensatu4mai500.jpg

元が取れるかどうかは正直わかりません。
Taracoは日本が金融封鎖になった場合に備えているだけなので、あまりこのお金を殖やそうと思っていません。

ちなみにロイヤルロンドンとかフレンズプロビデントとかスタンダードライフとかのキーワードにはご注意!日本人は海外の保険商品を購入できないため、何かあっても誰も助けてくれません。
金額が金額だけに石橋を叩いて渡ったほうがいいところだと思います。

※これはTaracoの見解であって、もしかすると安全で確実な方法なのかもしれません。
でもTaracoは海外の会社については詳しくないので、金融庁がOKを出していないグレーもしくはブラックな保険商品である限り、Taracoは手を出すつもりはありません。



HSBC口座開設はHSBCオーシャンセンター支店で

インターネット上で調べたところ、口座開設レポートで最も多いのはオーシャンセンター支店。
HSBC Ocean Centre Branch
Shop 361-5, Level 3, Ocean Centre, Harbour City, Tsim Sha Tsui, Kowloon
九龍海港城海洋中心三階361-5號舗


オーシャンセンター支店までの行き方はこちらのブログが詳しいです。
MTR尖沙咀駅A出口から徒歩5分。尖沙咀(チムサーチョイ)駅から出てすぐでした。


口座開設スタート!

DSC01476.JPG

まず、入口はいってすぐの整理券発券機のところに立っている男性に、新しく口座を開設したい旨を伝えます。すると住所証明になるものはあるかと聞かれるので、日本の銀行の英文残高証明書を出せばOKです。
(試しに出してみた日本の運転免許証と英文雑誌TIMEの送付先が書かれた紙はNGでした)

すると担当者の女性が現れ、個別ブースに案内されます。
そこで必要書類を手渡します。

必要な書類は以下の通り。

・パスポート
・英文の残高証明書
 (Taracoは新生銀行の数千円入っているだけの残高証明書を提出)

その他、職業を聞かれたので会社の名刺を見せたところ、会社の情報を入力していました。
名刺上に書かれた電話番号は携帯か固定電話かを聞かれ、固定電話だと答えると携帯番号を聞かれました。
(帰国後にキャッシュカードに異常があるため24時間以内に電話するよう、携帯のSMSにメッセージが来ましたのでその登録のために必要なようです)


これが重要!HSBCに口座を開設する理由

a0002_011008.jpg

なぜわざわざ香港で銀行口座を開設するのか?これについてはかなりしつこく聞かれました。

実はオーシャンセンター支店の前に別の支店で口座開設に失敗しているのですが、その失敗理由は口座開設の理由が納得できるものではなかったためだと思っています。
(口座開設失敗談についてはまた後のエントリで書きます)

成功した口座開設理由を聞かれた際の会話は以下の通り。

行員 :なぜ香港で銀行口座を開くの?
Taraco:中国の株取引を考えているんだけど、日本だと手数料が高いから。
行員 :それではなぜ中国の銀行に口座を開かないの?
Taraco:中国の銀行には開きたくないんですよね・・・あんまりよくわからないし。
行員 :HSBCの口座だけでは株は買えないけど、どうするつもりなの?
Taraco:香港の別の証券会社に口座を開くつもりです。
行員 :その証券会社はHSBCからお金を引き落とせるの?
Taraco:できます。
行員 :いくら投資するつもりなの?
Taraco:とりあえず今日100万円持ってきました。後は運用次第で考えます。
行員 :今、日本で投資はやってますか?
Taraco:はい。株とか投資信託とかGOLDとか。

こんなところでしょうか。こういた会話がずっと続きます。


口座開設成功!カウンターでの入金へ

担当者がキャッシュカードを持ってきたら口座開設成功です。
いったんAdvance口座を開き、3ヵ月後に残高が基準額に足りていなければSmartVantage口座に自動的にダウングレードすると言われました。(そのための書類にサインもしました)

その後、カウンターに移動し、100万円を入金します。
円安ぎみだったので、0.25%の手数料はかかりますが、いったん日本円のままで入金しました。後日タイミングを見て、円高になったらドルかユーロにしようと思います。

現金はこういうのに入れて持ち歩いたほうがいいですね。送料込!



入金後はインターネットバンキングの登録へ

別の担当者に代わり、インターネットバンキングの登録を指導してくれます。8ケタのパスワードを2種類登録するので考えておきましょう。
登録後、いったんログアウトして自宅でログインできるかの練習もさせてくれます。

この時にセキュリティデバイスの発送申込みもしました。
セキュリティデバイスはどんな時に使うのか聞いたところ、個人情報の変更や重要な取引の際に使うとのこと。

気の済むまで練習をさせてくれるので、この時に先ほど入金したお金が表示されているかを確認したほうがいいです。Taracoは帰国後に100万円が表示されず、ものすごく焦ったと同時にこの時になぜ確認しなかったのかを後悔しました。
(翌日100万円は表示されたので事なきを得ました。おそらく外貨取引は反映に時間がかかるのかと思います)


ATMでパスワード(PIN)の変更

DSC01474.JPG

行員に付き添われてATMへ移動し、初期設定のパスワードから自分の好きな6ケタのパスワードに変更します。6ケタなので忘れないようにしてくださいね。

香港ドルを入金している方は試しに残高照会したり入金したり引き出してみたりしてもいいでしょう。(日本円はATMでは残高照会も引き出しもできないそうです)
Savings(普通預金)とCurrent(当座預金)と2種類アカウントが作られていますが、普通はSavingsしか使いません。
TaracoはSavingsとCurrent口座それぞれに香港ドルを少し入金してみました。


とまぁ無事に口座開設はできたわけですが、少しトラブルもありました。
それについてはまた後日のエントリで書きたいと思います。

+++
ワーママさんに有益なブログがいっぱい♪


スポンサード リンク

posted by Taraco at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/390716268

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。