2014年03月20日

お直しワッペンで穴のあいたニットを修理してみた

こんにちは、Taraco(@Taracomom)です。
お気に入りのニットに毛玉ができたので、毛玉取り器をかけてました。



この毛玉取り器、コード付きなだけあってめっちゃ毛玉が取れる!気持ちいいくらい。おすすめです。

しかーし、強力なゆえに気をつけていないと生地に穴があきます。
そして今回、やっちゃったのでした。


裁縫も苦手だし、いっそのこと捨てようかなーと思ってたんですが、お直しワッペンなるものがあることを知り、安いので試しに買ってみることに。

色んなワッペンがあって目移りしちゃう!
しかもお手頃価格だし、メール便もOKだし、たくさん買っちゃいました。





届いたのはこちら。ひとつおまけもつけていただきました♪

image.jpeg


お直しワッペンのつけ方


お直しワッペンのつけ方は簡単。

1. アイロンを用意して、低温度に設定。
2. お直しワッペンを穴のあいた部分が隠れるように載せ、アイロンを当てる。
3. そのまま体重をかけて30秒くらいプレスする。このときアイロンを動かさないように!

くっつけたらこんな感じ。

image (3).jpeg

赤い金魚にしてみました。



穴のあいた位置が微妙なところだったのでどうなるか不安だったのですが、金魚が目立って意外とかわいい。
これでニットを捨てずに済んだので大満足です。

ワッペン屋さんにはかわいいワッペンが揃ってるので子供服にもおすすめ!

※サイズが写真では想像しにくいので、寸法を測ってシミュレーションしておくことをおすすめします。




+++
ワーママさんに有益なブログがいっぱい♪


スポンサード リンク

posted by Taraco at 13:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 節約 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。