2014年04月05日

トイレ掃除の時短ワザは回数を減らすのが要

Taraco(@Taracomom)は大の面倒臭がりやなので、なんとか家事を効率化できないか、常に考えています。
そんなTaracoの時短ワザトイレ編をご紹介します。



このトイレサインがかわいくて気になってます・・・


トイレ掃除はいかに気楽にするか、が重要

トイレ掃除って汚いとやる気なくすじゃないですか。
なので汚れが軽いうちにきれいにするのが重要です。

トイレ時短ワザその1:
アルコールスプレーを置いてトイレに入ったついでにささっと掃除する

汚れを見つけた時にすぐに拭けるよう、アルコールスプレーを手の届くところに置いています。(目に付くとださいので、ファブリックパネルで隠しています)
これならトイレに入ったついでに、汚れたところにスプレーして、トイレットペーパーでふくだけ。
こまめにちまちまとやれば、ほとんど汚れません。

このウイルシャットはラベルをはがすと真っ白なボトルになるので気に入っています。安いし。


トイレ時短ワザその2:
コロコロを置いてトイレに入ったついでに床をきれいにする

トイレの床に落ちた毛って気になるもの。
コロコロを置いておき、用を足しながらコロコロしています。
ベリベリっとシートを替えるときは、ついでに隣の脱衣所もコロコロしちゃえば脱衣所の掃除もできてより効率的。



トイレの時短ワザその3:
ブルーレットおくだけ的なクリーナーを使って汚れを防止する

ブルーレットおくだけは意外と便器の汚れ防止に効果があります。
便器掃除の頻度が半分に減るので、置く価値ありです。


ちなみにTaraco家ではタンクに入れるタイプを使っています。



トイレの時短ワザその4:
シャット流せるトイレブラシを置いておく

Taraco家にはトイレブラシがありません。
あれってめちゃめちゃ汚いじゃないですか。やだなーと思ってたら見つけたのが、シャット流せるトイレブラシ。

シートを専用のバーで挟んで便器を掃除できます。
シートには洗剤が染み込ませてあり、汚れ落ちは上々です。
掃除後は汚れたブラシ部分をさわらずにトイレにサッと流せるのが一番の魅力。




トイレの時短ワザその5:
ロングタイプのトイレットペーパーを使って交換の回数を減らす


Taraco家では夫婦二人しかトイレットペーパーを使わないのに、意外と交換回数が多いんですよね。トイレットペーパーってストックの場所も食うし、交換も結構面倒。芯も捨てなきゃいけないし。
そこでロハコ(LOHACO)で見つけたのがロングタイプのトイレットペーパー、スマートエコノミー ロングタイプシングル

これは1ロールあたりの長さが通常のトイレットペーパーの1.5倍なので、使用期間も1.5倍、交換の頻度もその分下がります。
そしてありがたいのがストックもその分減るというところ。狭い我が家には助かります。
使い心地もソフトで普通のシングルトイレットペーパーと変わりません。


スマートエコノミー ロングタイプシングル

楽天にはこういう商品もありました。




また、トイレの電気はアイリスオーヤマの人感センサー付LED電球を取り付け、スイッチを押す手間を省いています。ちなみにこの電球、玄関に取り付けても本当に便利です。子どもを抱っこしたまま電気のスイッチを押すのって大変ですから。



いかにラクをするか、常に考えているTaracoでした。
みなさんもアイデアがあればぜひ教えてください♪




+++
ワーママさんに有益なブログがいっぱい♪


スポンサード リンク

posted by Taraco at 19:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時短家事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。