2014年04月21日

バターを簡単にカットして保存できる!ステンレスバターカッター&ケースは食洗機OK!

こんにちは、Taraco(@Taracomom)です。
以前、『イージーバター(Easy Butter)バターフォーマーを買ってみた感想』という記事で、バターをフォーム状にできるイージーバターのご紹介をしました。


イージーバターは今も愛用していて、朝はトースト派のTaraco家には欠かせないものとなっています。


今回は、それまでに使っていたステンレスバターカッター&ケースも引き続き愛用しているので、そのレポートを書いてみたいと思います。


ステンレスバターカッター&ケースを食洗機で洗ってみた

実はこのステンレスバターカッター&ケース、食洗機非対応かと思ったら食洗機OKなんですね。どこかのレビューで非対応って書いてあったのでそう思い込んでました。

「耐熱温度:100度(フタ)・140度(本体)」なので、フタも本体も食洗機OK。

ちなみにTaraco家の食洗機はPanasonicのNP-TR5-W。
今は上位機種のNP-TR6-Wが出ているので、新しいのを購入したほうがいいです。


食洗機にステンレスバターカッター&ケースをセットします。熱に弱そうなものは左下のヒーターから遠い右上にセットすることが多いです。

写真 1 (1).JPG

このステンレスバターカッター&ケースは耐熱温度が100度あるので大丈夫ですが、食洗機非対応の食器などでも@「ソフト低温コース」でA右上にセットしてB乾燥なしにすればまず洗えるので大丈夫。

写真 2 (1).JPG

洗浄後。特に問題ありません。油っぽさがなくなってすっきり。

写真 1 (3).JPG


ステンレスバターカッター&ケースの使い方

せっかくなのでステンレスバターカッター&ケースをどんなふうに使っているのか、レポートしてみます。(写真にはバターナイフが写っていませんが、商品にはついています)

まず、ステンレスバターカッター&ケースとバターを用意します。

写真 2 (3).JPG

バターの銀紙をはがし、トレーの上に置き1時間ほど常温で放置します。この時間が短すぎるとバターが固すぎてステンレスカッターが曲がります(経験あり)

写真 3 (3).JPG

十分バターが柔らかくなったら、ステンレスカッターを載せて、上から体重をかけて押します。

写真 1 (2).JPG

写真 3 (2).JPG

で、フタをしめればそのまま冷蔵庫へ。便利ですよ〜

写真 4.JPG

1切れが約10グラムなので、Taracoはホームベーカリーでパンを焼くときに便利だなと思います。ホームベーカリーはパナソニックのものが、パーツが壊れても買い足しやすいのでおすすめです。



ちなみにホームベーカリーで焼いたパンはカットするときにつぶれがち。この食パンカットガイドを使うと断然きれいに切れるようになりました。プチストレスが解消されて幸せ〜

食パンカットガイド

食パンカットガイド
価格:380円(税込、送料別)





+++
ワーママさんに有益なブログがいっぱい♪


スポンサード リンク

posted by Taraco at 18:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時短家事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。